格安プランジトリマー-Staxtools

格安プランジトリマーの紹介です

Staxtools(日本の木工用品メーカー)から販売されている、格安のプランジトリマーの紹介です。

(現在、売り切れで入荷待ちの状態です)

販売価格は約。13,000円ぐらいです。

メーカー製のDIY用トリマーが約、10,000円くらいですから、少しの追加でプランジトリマーが購入出来ることになります。

使用するビットは6mmと8mmが使えます。

オプションとして海外のビットが使える、6.35mmのコレットも販売しています。

私が購入した価格は1,350円でした。

ベースを付ければ手持ちのトリマーになります

別売りのマキタのトリマーベースを購入すれば、手持ちのトリマーにもなります。

マキタの充電トリマーのベースや集塵パーツが使えます。

 

下の画像はマキタのトリマーベースを取り付けたものです。

本体が金属製なので剛性が高いです。

市販されている、トリマーテーブル用のインサートプレートはマキタの規格に合わせたものが多いので、無加工で取り付けが加工です。

簡単にトリマーテーブルを制作出来ます。

画像のインサートプレートは中国製のもので少し手直しが必要ですが、問題なく使用出来ます。

金属製のインサートプレートが3,000円以下で購入できるのはうれしいです。

プランジベースへの取り付けは簡単です。

差し込んでロックをするだけです。

6.35mmのコレットを使うと、海外の格安ビットを使う事が出来ます。

トリマービットはいいものは1本、3,000円以上しますが、最初は格安なもので試し、徐々にいいものを揃えればいいと思います。

極端に切れが悪いものはそんなにないと思います。

ですが、高価なビットはかなりきれいに加工出来るのも事実です。

プランジトリマーは彫り込み加工が得意です

プランジトリマーはトリマーを上下動出来ます。

なので、トリマーより、彫り込み加工が早く、正確に出来るのです。

深さ調整の仕方を理解すると、その便利さに気付きます。

動画では、このプランジトリマーの深さ調整の仕方を分かりやすく、くわしく紹介しています。

両手でトリマーを保持出来るので、安定した加工が出来ます。

底板をはずして、確認しました。

平面が出るように、フライス加工がしてあります。

平面が出ていますので正確な加工が出来ます。

プランジトリマーは掘りこみの深さを設定できます。

同じ深さを複数加工する場合も簡単になります。

トリマーで細いビットを使って加工する場合、ビットに負担をかけないようにするため、回数を分けて加工しますが、彫りこむたびに深さ調整をすることになります。

プランジトリマーは一番深い設定にしておくだけで、段階を分けて加工出来る仕組みになっています。

 

 

画像の赤い棒で差している部分が深さ調整の機能です。

目盛りの彫刻が甘いので、メジャーテープを貼れば正確になります。

深さ設定をしているものです。

(動画で説明しています)

ストレートガイドも付属しています

 

トリマーの加工よりもさらに多彩な加工が可能になります。

DIY用として十分な精度がありますので、木工がさらに楽しくなるプランジトリマーです。

何よりも、価格が安いのがうれしいです。

プランジトリマーを詳しく説明した動画です

今回の記事の動画です。

トリマーのすべてが楽しめる! 格安プランジトリマー #1 【DIY】ベースを追加購入すると1台3役になります。

トリマーのすべてが楽しめる! 格安プランジトリマー #2【DIY】加工編 快適に加工出来ます。