リョービトリマMTR-42は恋に落ちるトリマー!【動画あり】

リョービトリマーMTR-42

リョービトリマMTR-42は初心者に最適なトリマー!

今回紹介する、リョービトリマMTR-42は初めてトリマーを使う方に最適なトリマーだと私は思います。
わたしは今まで色々なメーカーのトリマーを使ってきましたが、リョービトリマMTR-42のビット調整の快適さとスイッチの安全設計に感激してしまいました。
オプションベースを使えば、海外の規格のブッシュガイドが使えることも素晴らしいと思ったのです。

「恋に落ちた」理由はこれです。

    1. 簡単なビット調整
    2. 安全設計

この2つの大きな長所があることからです。

トリマーもDIY用とプロ用があります。

DIY用は電動工具メーカーから約10,000円~14,000円くらいで販売されています。
ビット調整の方法や電源スイッチなどは、ほぼ同じ作りになっています。
(ボッシュのトリマーはビット調整は独自のものです)

リョービトリマMTR-42はビットの調整を黒いリングを回して出来る、簡単な仕組みになっています。
トリマーを使っているとわかるのですが、このビットの調整はかなり、慎重にやるのですが、コンマ数ミリくらいの調整になるとトリマーのベースをコンコンと軽くたたいて調整していました。

これが当たり前の使い方でした。
不便というわけでもありません。

ですが、このリョービトリマMTR-42の調整方法はリングを回すだけですので、はるかに楽なのです。

これが箱に入っているものです。

ストレートガイド、スパナ、説明書、6mmストレートビットです。

オプションの集塵アダプター、1/4インチコレットも今回購入しました。
1/4インチコレットは6.34mmのサイズのビットが使えるようになりますので、トリマーには必須と思います。
トリマービットはネットでも海外のものがそのまま販売されていますので、1/4インチコレットがあればビットを購入する際にたすかります。

一番の売りは、黒いリングでビットの調整が出来ることです。

ベースはクランプで止めるようになっています。

赤いリングが、とても便利な機能なんですが、”使い方がよくわからない”という事をレビューで読みましたが、説明書でもあっさりと説明しているだけなので、トリマーを使い慣れていないとわかりにくいのかもしれません。

付属のストレートガイドとスパナと6mmストレートビットです。

ここが一押しの理由の安全設計です。

スイッチが引っ張り出さないと入りません。
ここがとてもいいところです。
トリマービットの調整は逆さに立ててしますので、逆さにすると、必ずスイッチは押されて切れるようになっています。

トリマーを使っていると、いくら注意をしていても、うっかりして、電源が入ったままビットを交換したり、触ることがあるのです。
その時、スイッチが簡単にはいる構造であれば大変なことになってしまいます。

このスイッチの構造はもし電源が入っていたとしても、スイッチを引っ張り出すことがなければ電源は入らないので、事故を起こす確率がかなり低くなります。

これだけでも、初心者の方には必要な機能と思います。

ビットはコレットに差し込み、6角ナットで確実に締めこみます。

ベースをはずしました。
黒いリングはビットを上下させるだけですので、このリングがなくても透明のベースだけを装着すればトリマーとして使えます。

2つの黒い部品がビット調整用の黒いリングを固定しています。

集塵アダプターを付けた状態です。
集塵アダプターを付けると、両手で加工が出来ますのでトリマーが安定します。

ビットはこのように取り付けます。

ビットの高さを確認するのは、小さなサイズのスコヤがあると便利です。
ベースの上に自立しますので、楽に調整が出来ます。
写真のスコヤは木工の必需品です。

ビットは1本のスパナで交換できるようになっています.

黒いボタンを押しこむと、モーターの軸が固定されます。

この状態でスパナで締めこみます。
ですが、なれなかったり、女性の方は力が入りきらなかったりするかもしれません。

通常のトリマーと同じ様に、2本のスパナも使用出来ますので、10mmのスパナを用意して、2本スパナで締めつけると確実です。

付属のストレートガイドはこのようにしっかり固定します。
また、ストレートガイドには端材を付けて、さらに使いやすいようにして使います。

トリマーを使う場合、この端材を付ける事は当たり前なのですが、どのメーカーも説明書には書いていません。
そのくらい、当たり前のことと言う事なんですが、初心者の時にわかるわけもありませんが、必ず端材を付けることをお勧めします。
使い勝手が格段違います。

ストレートガイドはこのようにして使います。
一番使う事が多い、ガイドです。

リョービトリマMTR-42のレビュー動画です

ビットの調整がどんなに簡単で楽にできるかを丁寧に紹介しています。
また、初心者の方のためトリマーについて詳しく説明しています。
動画はリョービトリマMTR-42のレビューと実践編(実際に木材を加工)の2つがあります。